Homeスポンサー広告らじおごと>∞ 7/1 たっちょん×ヒナ ∞

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

∞ 7/1 たっちょん×ヒナ ∞

2006.07.03 Mon

一昨日のアドリブレポいきたいと思います★

倉 「『3分アドリブ∞?』
   はい、このコーナーはですね、あらかじめ決められたテーマとシチュエーションで
   その役柄を演じながらアドリブでミニコントを作るコーナーです。
   え?キーワードが書かれた何枚かのカードの中から3枚のカードを選びます。
   制限時間は3分。時間内に3つのキーワードを登場させねばなりません。
   ストーリーはしっかり成立していなければNG、
   最後はやっぱりオチをつけて下さい。」
雛 「はい。」
倉 「はい、クリアできれば1ポイント、できなければマイナス1ポイント。」
雛 「はい。」
倉 「今週のテーマいきましょう!」
雛 「そうしよう!」
倉 「『深夜突然泣きながら電話をしてきた村上信五に、
   あわてながらも相談に乗る大倉忠義』
   
   ハァ?(~_~;)」
雛 「パッといこか。」
倉 「パッといきましょか!」
雛 「ホンマにもういっつもメールを読まれへんからね!
   メールを今日はいっぱい読もう思って。」
(注:この次のコーナーがリスナーからのメールを読むコーナーなんです)
倉 「いや、これ難しい。俺が選んでいいの?
   真ん中3ついこう!」
雛 「よっしゃ、さくっと。」
倉 「はい。」
雛 「はい、1つ目いきましょう。」
倉 「1つ目!“卓球部”
雛 「ほぉ?。2つ目! “亀田三兄弟”
倉 「3つ目! “もうちょっと左”
雛 「はぁ!?なんやそれ!?セリフやんけ!!」
倉 「え?ウソやん!!」
雛 「なんやこれ!?これ新しいなぁ(^_^;)」
倉 「いや、これどうしよっかなぁ・・・。相談してね?」
雛 「わかった。うぉ?、OK!」
倉 「OK?」
雛 「うん。」
倉 「じゃあいきましょか?」
雛 「うん。」
倉 「じゃあいきましょう!『3分アドリブ∞』」


雛 「たつよし?(>_<)」
倉 「どうしたん?村上君!」
雛 「えらいこっちゃ?」
倉 「えっ、どうしたん??」
雛 「俺、昔“卓球部”やったやんか?」
倉 「うん。」
ジャッジ音 ブー
雛 「フッフッフ(引き笑い)」
倉 「何何何?」
雛 「俺、昔バスケット部やってんけどな、今サッカー好きやんか?」
倉 「うん、うん。」
雛 「でもな、最近卓球もええなぁ思うねん。」
倉 「うん。」
雛 「“卓球部”入ってる友達がいるねんけどな、そいつがいっつもな、
   こう・・・スマッシュがなかなか入れへんわ?」
倉 「うん、うん、うん。」
ジャッジ音 ピンポーン
雛 「なんか?こう・・・右利きやから・・・」
倉 「うん。」
雛 「こう・・・打つやん?」
倉 「うん。」
雛 「ほんなら左にクロスにいくねん、卓球台の方に。」
倉 「そらまぁ、そうやわなぁ。」
雛 「そうやねん。ほんでな、その左にいかなあかんのに、
   でもそいつはなんか知らんけどいっつも右の方に・・・」
倉 「おー、おー。」
雛 「右の方にいってコーチにいっつも“もうちょい左”
   “もうちょい左”って言われてんねやんか。」
倉 「うん、うん、うん。」
雛 「そんでちょっと相談受けてん。」
倉 「うん、うん。」
ジャッジ音 ピンポーン
雛 「たっちょん、ほら、卓球上手やったやんか?ロケで一緒に行った時。」
倉 「まぁそうやなぁ。」
雛 「どうやったらもうちょっと左にいくんかんぁというのがなぁ・・・
   あ゛?!!思い出した?!!」
倉 「何何何?もう?」
雛 「思い出した?(>_<)」
倉 「どうしたん?」
雛 「こないだ“亀田三兄弟”に会うてん。」
ジャッジ音 ブー(かなりくい気味に鳴った 笑)
倉 「(小声で)早っ!くい気味やん、今の。」
雛 「(笑)な、なぁ・・・」
倉 「うん、うん。」
雛 「こないだな、ちょっと・・・俺ボコボコにされてなぁ・・・」
倉 「えっ!誰によ?」
雛 「なんかな、知らん・・・知らんおっさん。」
倉 「お?!おっさん(苦笑)」
雛 「知らんおっさんに、オマエ調子乗んな!言うてボコボコにされてん。」
倉 「お?。」
雛 「ほんまなぁ、ああいう時“亀田三兄弟”見たらカッコエエなぁと思うねん!」
倉 「お?!」
雛 「たぶん闘って勝ったりすんねやろうなぁって。」
倉 「うん。」
雛 「年下やけどああいう闘志みたいなん、浪速の心みたいなんて 
   スゴイ大事やなぁ思って。」
倉 「いやいやそれは大事やけど、なんで深夜にそんな電話なん?」
雛 「ちゃうねん・・・だから、悩んでんねん。」
倉 「悩んでんの?(;一_一)」
雛 「悩んでんねやんけ!」
倉 「あ゛?。」
雛 「だから、俺も“亀田三兄弟”みたいに強くなりたいねんな!」
倉 「お?。」
ジャッジ音 ピンポーン
雛 「でもな?ちょ?あ?、まぁええわ!」
倉 「なんや?」
雛 「いや、もう・・・まぁ相談、相談というのは・・・」
倉 「うん。」
雛 「この俺が今かけてる電話代誰が払って
  くれんねん!ってことやねんけどな。」

(沈黙)
倉 「なんやそれ!!」
ジャッジ音 ブー
雛 「ぶっ(笑)」
倉 「ひゃはっはっは(笑)」
雛 「ウソやーん!!」
倉 「何何何??」
雛 「ちゃうねん・・・だから・・・」
倉 「何やの?ちょっと、なんもあんま内容なかったやん今回の。」
雛 「うん・・・。ちゃう!俺もう・・・芸能人やめる!やめよう思うてんねん。」
倉 「なんでや!!」
雛 「知らん!!」
倉・雛 「へっへっへ(笑)」
雛 「知らん!わからへんけどオマエに相談してるんやんけ!!」
倉 「いやいやいや!それはおかしいでしょう!?」
雛 「もうやめよう思うてんねん。」
倉 「そんなんやめられたら、泣きたいんはこっちやわぁ(>_<)」
雛 「そんなことないやろ、オマエ!
   なんでか言うたろか?」
倉 「なんで?」
機械音声 30秒前
雛 「沖縄行かれへんかったからや!!」
倉 「ゴメン(>_<)」
ジャッジ音 ブー
雛 「なんでやねん!!
   なんでやねん!!」
倉 「う?ん」
雛 「もう?(-_-;)」
倉 「なんやろう!?」
雛 「もう許してくれ!」
倉 「もうなんや?」
雛 「許してくれ!」
倉 「どうしたん?」
雛 「オマエの・・・髪の毛切ったん俺や!!」
倉 「え゛?っ!?(@_@;)
   オマエかい!?」
雛・倉 (笑)
ジャッジ音 ピンポンピンポンピンポーン


雛・倉 「ひゃっはっはっは(笑)」
倉 「大サービスということです。」
雛 「疲れたわ。」
倉 「あかんわ、これ。
   これオチむずない?」
雛 「え!?だってこれめっちゃ疲れたわ。
   最初ので絶対いった思ったのに。」
倉 「うわ?。いや時間早すぎたから、絶対これやったら
   またあとゆるなっていくわ?思ったんです。」
雛 「ホンマやわ。めっちゃ追い込まれんとあかん。」
倉 「うわ?もうこれ俺へこむんやけど・・・。」
雛 「いやぁ、一応おまけでクリアさせてもらったし。」
倉 「まぁクリアやね。よかったよかった。」
雛 「よかった。」
倉 「よかった、俺これで横山君と並んだ!」
雛 「はっはっは(笑)」
倉 「最下位脱出!!」
雛 「おっ!よかったやん!」
倉 「よかった?。」
雛 「俺も2位タイや!丸と。」
倉 「村上君いっつも微妙なとこいますよね(^_^;)」
雛 「そうやねん!中途半端やねん!」
倉 「ふっふっふっふ(笑)」
雛 「どうにかしてくれよ、ホンマ!」
倉 「頑張って下さいね!」
雛 「はい。」
倉 「以上、『3分アドリブ∞』のコーナーでした!」


今回はオチのジャッジ厳しかったですね(^_^;)
怒涛のオチ3回ですよ(笑)

2回目のオチは、その前にたっちょんと亮ちゃんが2人で沖縄に行ったという話をしてて、楽しかったみたいですね?☆
ヒナちゃんは仕事が入ったから行けんかったみたいであのオチになった、と。
それにしても、倉亮は最近特に仲良すぎじゃないですか!?
うらやましい?

3回目のオチは、たっちょんがまたちょっと髪切ったからああいうオチになったの??
でも「歌謡コンサート」見た限りでは、どこを切ったんかわからんかったけど・・・
まぁいいや(・_・;)

あとあと、やっぱりたっちょんは「うん。」と「おー。」しか言わなかった(笑)
前の前の亮ちゃんとやった時以外は、いつも完全にたっちょんが相手に

託しまくってるからね(^_^;)
まぁ、最下位脱出おめでとう★
すばる君が最下位になったんかな??

来週は山田らしいですよ♪
誰がやるかわかってると、ラジオ欄を見る時のドキドキがない
っていうのがあるんやけどね(笑)




 

スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://5ak1.blog66.fc2.com/tb.php/48-f7f4ff96
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。